Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Sponsored links
We Love Vegefru!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
石村萬盛堂 From 福岡県

最近になって、またJwaveで耳にするようになったマイヤヒラサワ
JR九州 [祝!九州キャンペーン]CMソング“Boom!”
あのCM画像の一体感には凄く元気をもらえます。
九州の人って心温かそうで良いなって思う。 >> ニコニコ動画

九州に旅したくなってきた矢先、
メッサ美味しい帰省土産を頂戴しました。
私の大好きな豆大福!!
ありがとうございます。

石村萬盛堂
http://www.ishimura.co.jp/wagashi/index.html

石村といえば、九州で展開している、和菓子屋さん。
【鶴乃子】というお菓子が有名だけど、東京ではほとんど目に出来ないかな。
お気に入りなんだけど、、残念。

糸ひくお餅の伸び具合は、相当なもの。
あまりのビヨヨヨヨーンっぷりを写メしたかったけど、綺麗に取れず、残念。
ごちそうさまでした。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
六花亭 Again

パンケーキラバーズ会 in 北海道!

六花亭本店 @ 帯広
http://www.rokkatei.co.jp/

2階が喫茶室になっています。
白が基調のおしゃれな店内。
頂くのは、トラディッショナルなパンケーキ。
清楚なウェイターさんが、銀トレイに乗せ、銀の蓋を被せて丁寧にサーブして下さり、
その指先まで美しい演出に、こちらまで必要以上に背筋が伸びる感じ。


ふわっともっちり♪
バターも蜂蜜も用意されず、粒あんだけで食すのは、素材に自信がある証拠。
むふふ。
素直に美味しい。
さすが、十勝の小豆は粒が大きくて頼もしいですな。
これで、600円はお値打ち。

ちなみに、再び頂いたサクサクパイも、
1階のスタンディング/テイクアウトと同価格の140円。
何度も書きますが、この土地はコスパが良すぎて、鼻血が出そうです。
甘党には堪らない街。
それが北海道。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
すし処 まさ @ 新橋

感動に言葉は要らない。
今日の記事は相当画像が多いです。

すし処 まさ @ 新橋
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13116511/

次の予約は1年先まで埋まっていると言う、予約困難な店へ。
お誘い頂きホントにありがとうございます♪
常連のウッチッチーさんと、たにちゃんに連れられるがままに、、、が、、、まさかの迷子。
えー、常連じゃないの?! 笑。
10分徘徊した後に辿り着いたのは、
新橋駅前ビル2号館地下=ミニチュアワンダーランド!!

顔出しOKの腰の低い大将が、この空間にはぴったり。
座席数3席。
この両サイドに迫る壁!
魚眼レンズで撮らないと写らない位の狭小物件。


前菜は、薬味たっぷり。
かつおのようで、そうではない。(なんだっけ?)

濃厚な豆乳で出来た自家製豆腐。

タコの吸盤もしっとり柔らか、でもコリコリ。

薔薇のようなマグロ。

軽く炙ってフワフワにしてから、お味噌で食す。

続いて、お任せで握ってもらう。
一貫一貫、いい仕事 されてますねぇ♪


〆は、しじみのお味噌汁。


築地から仕入れた魚介類はもともとがキラキラなのに、
大将の手で、素材の良い部分が更にも増して浮き彫りに。
あぁ、鮮魚って甘いんだな。
あぁ、お寿司ってやわらかいんだな。

素晴らしいお料理に大満足!
生きてて良かった、
もとい、
生きているうちに行くことが出来て本当に良かった!
ありがとうございました♪

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:27 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
こごめ大福 by 竹隆庵岡埜

旅立つ前に、美味しいお魚が食べたかったのけど、
鮮度の良い切り身が見当たらなかったので、
本日のメインディッシュは大福に変更。


竹隆庵岡埜(ちくりゅうあんおかの) @ 根岸
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13020920/

夕方ぐらいには完売御礼になる、老舗和菓子店の【こごめ大福】。
日本橋三越の店員さんは優しいので、
事前に予約の電話を入れておくと、取り置きしておいてくれます。
1個だけでも大丈夫(なはず、多分)。

白餅とよもぎ餅との2種類があり、
こぶし大ぐらいのサイズなので、1/2個づつ実食。
白組 VS. 緑組 の戦いは、
よもぎの香り高さで緑組の圧勝!

が・・・「こごめ」の名にふさわしく、米粒が残るよう、7分づきなので、
それでなのか、お餅の歯切れが良すぎて、のびがイマイチ悪い。

中身はどちらも粒あん。
甘さ控えめで、小豆の風味が豊か。
この粒あん、塩気のある餅皮に合ってて、美味しい~♪

残りは、翌日のお楽しみ!
1日置いて少し硬くなった表面は、こんがりオーブンで焼くと、こんがりサクサク。
違った食感が楽しめて、これまた美味なのでふ。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
牛鍋 並 つゆだく で。

残業の目処がつかないので、今日はジャンキーに栄養補給。

111周年を記念する牛鍋丼は、一部店舗では販売しておりません。
そして、まさかのビンゴで、オフィスに一番近い吉野家には取り扱いがなく、
散歩がてら隣駅まで歩いて調達しに。
その時間があるのなら、1秒でも早く帰ればいいのにね、とつぶやきながら。

『牛鍋 並 つゆだくで!』
と、常連かのごとく叫んだ後、目にしたメニューに惹かれ、言い直し。
『あっ、ごめんなさい、Aセットにしてもらってもいいですか??』

Aセット=並盛+コールスロー+生卵で400円!
豆腐の存在が嬉しい。


早く仕事が落ち着いたら、ワイワイ鍋をつつききながら飲みたいなぁ。
もう鍋の季節ではないけれど。
最後は・・・So、3月下旬の 鴨鍋 w/葛飾グルメ会 @ 立石だったな。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:31 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
須田とうふ工房 @ 根津 (昼編)


色鮮やかなつつじを愛でに、根津上陸。
根津神社のつつじ祭りに行きたかったのもそうだけど、
こちらの豆腐御膳が食べたかったから!
以前Morningで感動した豆腐専門店に、ランチタイム再訪。

須田とうふ工房 @ 根津
http://tofukoubou.jp/

いやぁ、! の一文字。
『膝を打つ』という言葉はこういう状況の時に使うのでしょうか。

感動のおさらい。
先ず、出来立ての豆乳を1杯頂戴した後、
甘辛味噌の塗られた油揚げと、まだ温かい汲み上げ豆腐がてんこもり。


すでに幸せになっているところへ、きびご飯と、お出汁のしっかりとれたお味噌汁。


一緒に頂く1品は、カリッカリの食感が心地よい揚げ出し豆腐。
添えられたタケノコは春季限定の素材。

〆にミニサイズの豆乳プリン。
これだけ魅惑的な豆腐フルコースで、ランチタイム価格1,050円(税サ込)也♪

いやはや、参りました。
豆腐パラダイス!
豆腐フェスティバル!
豆腐カーニバル!

小躍りしたい気持ちを抑えつつ、お店を後に。

手土産に頂戴したおからで、卯の花を作ってみたら、本気でウマーだった♪
素人ながら違いがハッキリ判る実力豆。
やっぱり素材の豆から全て違ってくるんだなと言うことを認識。

来月も、再来月も、毎月通うことを決めた、5月の青い空。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
GINZA TAPPO

銀座コリドー街にある、わずか11席のみのイタリアン。
GINZA TAPPO
http://ginzatappo.web.fc2.com/


こちらのランチタイムは木・金・土限定!
GW初日は盲点だったのか、金祝にテーブル席の予約が取れたので、
鼻息荒くお邪魔してきました。

サラダだけでかなりのボリューム。
生たまねぎを除けながらもモリモリ完食。
自家製にんじんドレッシングは、野菜の甘さが活きててかなり美味。
付け合せの自家製豆腐は、岩塩と有機オリーブオイルでオサレに食す。


ソラマメとえびのパスタ。
ダブルの春らしさ満載の旬素材に、一気に全身スプリングカムズヒア。


予想外に美味しかったのが、このパンナコッタ!
とろ~り濃厚な舌触りに、一同感動。
なんてこった!
美味しい〜!!
!!!!!!!!!!!!!!!

きっと、数ヵ月後には、
「あのパンナコッタが忘れられないからまた行きたい!」って言うと思う。


いやぁ、さすが優秀口コミイタリアン。
また行きたい。。。けど次回予約出来るのはいつのことやら。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Cafe&Val NICO (カフェバル ニコ) @ 青山

オサレな青山の街を散策してたら、偶然発見。
あっ、東京メトロのフリーペーパーのバル特集の記事で気になってたお店だ!

【カフェバル】という新しいスタイルコンセプトの1号店。
たしか、夜の3時間だけは1品オーダーすればワインが飲み放題になる、
「フリーワインシステム」という枠があるという・・・
ホンマでっか?!

まずは試しにランチを偵察してみよう!
Cafe&Val NICO
http://www.cafeval-nico.com/


公式URLにもある運営元の神宮前酒店のビジョンがハッキリしていて、
お店の雰囲気とインテリアとが完全マッチしてる。
雑居ビルの6階とは思えない素敵な空間なので、このギャップは嬉しい裏切り。

オサレな店内には、オサレな人が似合うもので、
アパレル系勤務かと思われるセンスの良い女性が、一人飯を楽しみながら、雑誌をパラパラ。
ふぁー♪
絵になるほど美しいです。
逆サイドには、武器になりそうなジュエリーをジャランジャランぶら下げた女性2名が、語っている。
『最近の男は、サバイバル能力が無さ過ぎるのよっ!!』 って。
わぁー。
怖いです。
笑。

男性店員さんのフェミニンな立ち振る舞いからも女子力を学ぶ。
その指先のしぐさは、真似させて頂こう。

こだわり野菜のサラダと、ヘルシー豆乳パスタと、全粒粉パンと、オーガニック紅茶とで、
ジャスト1,000円にはびっくり。
この土地柄でこの優秀な野菜達なら、2倍の請求額でも支払うと思う。

美味しかったわぁ♪
次回はディナータイムに是非行きたい。

こういう独創性溢れるカフェバルが、これからも増えていくといいな。

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 04:30 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
マラサダ in Hawaii
ホノカアボーイのDVDを観ていると、
無性にハワイに行きたくなる。

青い空・白い雲・透き通る海・ゆったりした空気・・・全てが美しいよね、ハワイ。
10年以上前の記憶ですが。

先日の東野・岡村の旅猿 SP ハワイ欲張りの旅でも、
パンケーキやエッグベネディクトの美味しい店が登場してて、魅力的だった。
本場の味が食べてみたいな~!

偶然、駅の構内にマラサダの特設販売が♪

お姉さん、プレーン味、3つ下さいっ!!

オフィスで、しばしのリゾートアイランド気分。
目を閉じれば、まぶたの向こうにそよぐ椰子の木。
渚の向こうにいるのは誰?
シンドバット??

そんな妄想する15秒後。
電子レンジがチーン。
ちょっとシワシワになっちゃったけど・・・美味しかった♪


出来たての方が、もっと美味しいはず。
エデリ(松坂慶子)さんのレシピを発見したので、一度チャレンジしてみようかな。
ふーん、豆腐を入れるのね!
http://dogatch.jp/report/report090305.html

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 03:04 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
奈良の恵 国産大粒 だいぶつ納豆

平城遷都1300年祭が終了した今でも、
夢にちょくちょく登場してくる公式マスコットキャラクターせんとくん。
私の中で相当インパクトがあったようで・・・。
恐るべし、その存在感。

そんな奈良県のご当地アイテム初体験レポート。
本日はその  覆修劉△亙無)

奈良の恵 国産大粒 だいぶつ納豆


目を惹くネーミングは、きちんと東大寺の許可を取得している登録商標。
それよりも驚いたのが、奈良県産大豆使用ってこと。
関西で地産地消の納豆は、かなり珍しい〜!
入手困難な時期に、納豆片手に喜ぶ東京都民。
目撃した奈良県人ならきっと笑ったに違いない。

パカっ!
おおー♪

お豆さんの大きさは確かに紛れもなく大粒。
大粒 = たんぱく質の含有量も多い = 豆本来の味が楽める優等生です。

しかも混ぜる前から既にこの強力な粘り。
かなりの根性が必要だろうと推測した予想は的中し、
納豆菌に負けじ と かき混ぜるお箸が重いのなんの!

肝心の中身も、期待以上に味が濃厚で味わい深かった〜☆☆☆

製造元は、奈良県葛城市当麻の「熨斗(のし)食品」さん。
これまた縁起の良い企業名だなと、ヤホーで調べたら、
40年強の歴史のある地元メーカーだそうです。
そしてこちらの納豆は、大粒で手作りなので、
一般的な工場生産の納豆よりも数倍の時間を要し、
1日の生産数は100パック限定。
120円(税込)は高いと思ったけど、この手間隙を考えれば納得の1品なり。

ありがたや〜。
奈良の大仏様、ご馳走様でした。

「関西人は納豆を食べない」というのは、もはや神話

平常遷都1300年祭

posted by: オーナー: Akico | 豆 まめ Beans | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |