Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
We Love Vegefru!
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
新華飯店 @ 日本橋

通称”BLUE-LEAF”の隣店。
外ランチ先に困ったら、さくっと向かえる潰しの利くお店。

新華飯店 @ 日本橋
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13092710/

近隣には、コンビニの数以上に中華のお店があるけれど、
地元密着型の中華料理屋さんの存在はとても重要。
間口が狭いので、小さなお店かなと思いきや、3階建てで結構座席数はあり、
向こう筋の郵便局員さんが社員食堂かのように団体利用していたよな。
今は移転しちゃってもう見かけなくなっちゃったけど。



春雨が具にあるのは珍しく、そして食感が堪らなくうま~い♪
ゴマ風味の美味しい冷やし中華。

今年の夏も、たーくさんご馳走様でした!
来年の夏は、何食分食べれるかな。

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:13 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
倉井ストアー @ 立石

急に決行となった立石ツアー。
オフィスのデスクで詳細連絡の電話を取ったので、周囲に定時退社を公言したようなもの。
業務終了時刻と同時にベルサッサ!!
京成立石駅に到着する頃、
ウッチッチーさんとポパイさんは2軒目終了。(早っ!)
ということで、私は3軒目からの合流です。

いやぁ、駅からこんなに離れているんですね。
ガイドさんが迷子スターなだけに、非常に不安な15分。
『ホントにこの道で合ってるんですか?!』
何度も質問する口調が徐々に荒々しくなる頃、住宅街に突如現れる商店が。

倉井ストアー @ 立石
http://r.tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13022526/

店舗の1/4が酒屋、1/4が肉屋、1/8がお惣菜コーナー、1/8が日用品、
残りがテーブル席という間取り。

18時にして満員御礼、とりあえず角打ちで恒例の乾杯!
缶がとても似合う空間。

その後常連さんが席を譲って下さいました。
その優しさ、ありがとうございます!

先ずは名物のチャーチューとハンバーグをつまみに。

そして、ハムカツ~☆
先日、DVD【なくもんか】を観てから、ずっと山ちゃんのハムカツが食べたかったのよね。

ハムカツ~LOVE♪

あっ!
もっとLOVEな、冷やし中華発見。
鼻息が荒くなります。 ブヒー。

きちんと具材もトッピングされ、手抜き無しの美品。
これでお値段は、立石価格の350円。
驚きと共に、今では亡きアナログTVを一緒にパチリ。

空きっ腹のハイリキが攻撃的だったようで、
缶2本でエンジンフル稼動。
このお店最高ですね〜♪
さぁ、外もいい具合に陽が落ちたので、、、もう1軒行きましょうか〜。

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:21 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
蕎楽亭 @ 神楽坂

神楽坂の、粋な小路に、粋な蕎麦屋。

蕎楽亭 (きょうらくてい) @ 神楽坂
http://www.kyourakutei.com/

久々に並びました。
魅惑的な食事にありつけるなら、そんな時間もえ〜んやこら〜。
苦にならず並べるのは、二郎本店とディズニーランドとこのお店くらい?
お互い鍛え上げた忍耐力で、談笑をしつつ待つ事、1時間。
通されたカウンター席は、大将の前にポジショニングされた特等席!
手元の作業は素材と腕に間違いがない証拠。
ほっこりふわふわの出汁巻き玉子をつまみつつ、

カリッカリのアナゴの天ぷらに舌鼓。

むふふ~☆
日本酒にピッタリ。

お待ちかねのお蕎麦が登場!
キラキラ☆

丸抜きを石臼で自家製粉した粗引きの十割蕎麦と、白蕎麦の2色盛り。
つるっとした喉ごし、んま〜いっ!!
細いのに、どうしてこんなに存在感のある歯ごたえなんだろう。
凄いなー、流石だなー、美味しいなー。

日中が騒々しくせわしない分、
夜更けにしっとりしっぽり酌み交わす時間は、最高の贅沢に感じるのです。

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小洞天 @ 日本橋

本当の~夏が来た~
生きている~まぶしさ~
本当の~夏が来た~
真っ直ぐな目をした 君がいる~

歌ってごまかしてみても、東京の暑さは容赦無く・・・。
干からびそうなので、潤いを・・・。
涼をとりに、ご愛顧頂き半世紀のこちらへ。

小洞天 @ 日本橋
http://www.shodoten.com/nihonbasi.html


冷やし しぐれ辣麺!
夏季限定!
お待ちかねの逸品なのです。
日本橋でこれを知らない人は、モグリらしいよ。

そうそう、これこれ。
富士山の雪景色を髣髴とさせる、だいこんおろし。
これが濃くのあるゴマだれ&ラー油のスープに合う合う!
美味しい~♪

これを食べなきゃ夏が始まらないねっ!

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:07 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
鎌倉 あじさい便り

あじさいを愛でる6月。
いざ鎌倉!

あじさいの季節の鎌倉は、街全体がものすごい混雑。
江ノ電の乗車率は、盆暮れの帰省ラッシュの新幹線にも負けないくらいかと。

長谷寺に到着するも、あじさい街道には入山制限がかかっており、まさかの2時間待ち。。。

手に紫陽花。
ナイスセンス♪


待ち時間を利用し、寺境内お海光庵にて涼を取る。
由比ガ浜の大パノラマで贅沢な気分。
頂いた冷やしそばも美味しかった。
トッピングには、あの井上蒲鉾店の梅花はんぺんが1枚。
あまり期待していなかったお食事処だけに、何だかとても得した気分。


あじさい街道は、こんな高台に位置してました。 
素敵。


続いて、人気スポット成就院へ。

向かう途中の江ノ電踏み切り。
鉄子としては、電車通過の瞬間を撮りたかったけど、陣取る敵が多く、断念。
でも、このアングル、かなり気に入ってます。
萌え~.


向かう途中の街の一口ポスト。
絵になる。


これが、一番人気の成就院。
遠く、由比ガ浜が望めます。
熱気ムンムン!


色鮮やかな自然を満喫して、久々の鎌倉を堪能。
いい国作ろう鎌倉幕府。

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
元祖冷やし中華 揚子江菜館 @ 神保町

冷やし中華好きならば、元祖を知りたくなるところ。
一部の口コミでは、こちらが元祖だそうで、訪問してきました。

揚子江菜館 @ 神保町
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000593/

さすが元祖!
見よ、この天盛りを!
富士山にも負けない山麓が。
あまりの美しさに崩すのがもったいないけど・・・平等に具をつまみながら、パクパク完食。
完成度の高い、ビジュアルも味も、共に美しかったです。
値段は張るので、普段使いは出来ないけど、これなら納得。


冷やし中華に恋焦がれる想いがMAXなので、
今年こそ、【冷やし中華部】なるものを立ち上げたいなと話したところ、
私の性格を知る友からは、「入部希望!」の声よりも前に「ちょっと待った!」の声が。
確かに・・・
バーガー部を立ち上げ、メンバーを揃えたものの、自分がほぼ幽霊部員。
パフェ会を立ち上げたのに、メンバーの熱が移行し、パンケーキラバーズ会へ改名。
焼き鳥部は、環境変化により活動休止、恐らくこのまま自然消滅。
そんな先導力のない私が更にコミュニティを創立し、人を巻き込むのは不安過ぎ ><

とりあえず思い描く【冷やし中華部】の採点目線は下記づ澄
.灰好肇僖侫ーマンス
相場が高いとされる冷やし中華の価格帯。
高かろう旨かろうは当たり前。
安かろうまずかろうは意味無し。
費用対効果を追求するのが最重視目的。

▲咼献絅▲
具材山麓があるのが、冷やし中華の真髄。
ブロガーとしては撮影冥利に尽きる、お皿の上の富士山を探したいのです。

シーズン
夏以外にもメニュー化されている優秀店があれば、
部活動は通年行事になる為。

TPO
灼熱の日中にさらっと食べて涼を満たすイメージだけど、
夜の時間帯に、冷やし中華の具材をつまみに、ゆっくりと飲める店が理想。

入部希望者は各自活動報告書をブログ上にてUPし、
夏本番の頃にでも、いつか第1回オフ会にて集合し、思いの丈を語らいあぉぅ。
・・・全て妄想です。

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 00:08 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
麺ズ 富士山 吉田うどん by 山梨県

太くて硬ったい麺が特徴の、山梨県富士吉田のおうどん。
道の駅やSAでは、頭を抱えて悩むくらいお土産用のパウチものが並んでるけど、
こちらのは、小麦の味がストレートに効いており、塩加減も控え目でオススメ。

麺ズ 富士山 吉田うどん
http://www16.ocn.ne.jp/~men-fuji/



地元のお店では、味噌と醤油とがミックスされたダシが主流。
しかも、おうどんと共に、大根おろしと茹でキャベツが添えられてきます。
追加トッピングには何故かビックリ、きんぴら牛蒡が!
一般的なタヌキ、キツネ、天ぷら、牛肉もあるけれど、
きんぴら牛蒡が一番合うんだよねぇ〜これが。

あたかも山梨県出身かのように語っているうちに、はい、茹で上がり!
私は、噛み応えがある特徴が好きなので、“冷やし”派で。

ぴかぴか&プリプリ&つるつる&シコシコ

インスタントの乾麺の加工技術は日々向上してるにしても、
やっぱり、生麺の美味しさには適わないと思う。

ご馳走様でした♪

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
冷やし中華 はじめました

早く帰りたいと思っている時に限って、メトロは余震による運転見合わせ。
少し待っていれば運転再開するのだろうけど・・・もぅいいや。
いさぎよく、車で帰宅することに。
窓越しに節電モードの東京の夜景を眺めてると、何故かふと舞い降りてきた言葉。

・・・冷やし中華 はじめました・・・

冷やし中華 食べたい。
夏まで 待てない!
今 食べたい!

ということで今年1発目。

初モノは、ゴマだれではなく、王道の酢醤油バージョンで。
ん〜これこれ♪
疲れた身体に染み渡る酸味がGoooood.

麺類は〆のイメージだけど、私は上の具材をツマミに呑むのが好き。
冷やし中華に限らず、焼きうどんも同じく、カタ焼きそばも同じく。
飲み会の前半でオーダーをすると、大抵周囲からの反発の声があがるので、
共感してくれる人がいないと出来ないハードルの高い技。 ><
家呑みだったら気兼ねなく〜。

2月の富山旅行で買ってきた枡田(ますだ)酒造の満寿泉(ますいずみ)を、
せっかくなので升酒(ますざけ)にして。
晩酌はホント久々。


冷やし中華はじめました・・・誰でも知っているこのフレーズは誰の陰謀?
AMEMIYA
こんなに堂々と宣伝してもらえるメニュー、他には無いと思う。
何故、冷やし中華だけ特別扱いなんだろうな。

カキフライだって出回る時期が限られてるのに
「カキフライ はじめました」
とも
「カキフライ 終わりました」
とも告げることは無く、ちょっと切ない扱い方。

何はともあれ、日本の“冷やし中華前線”は徐々に北上中。
今年は何十食食べれるかな♪
冷やし中華LOVE!

posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 01:12 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
つけ麺 もといし @日本橋本石町


昼も夜もまともな食事が出来ない日々が続いているせいか、
パンチのあるものが無性に食べたくなる。

久々に外ランチに行けたので、先輩とオススメのつけ麺屋さんへ。
やっぱり外出できると気持ちいいな〜♪


つけ麺 もといし @本石町
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13076611/

しょっぱくないのに粘質のあるスープ。
おいしー。
麺を少なめにした人は、無料で温野菜をつけることが出来ます。
ちょっとヘルシー度Up.


夜は居酒屋になるらしく、かなり気になる。
posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ヌードル・チャフェ・バー (NOODLE chafe&Bar) @吉祥寺
調布にある深大寺へお参り。
混雑した境内に、新年らしさを体感。
本当は、厄除けの祈祷護摩が目的だったけど、あまりの混雑に断念。
また改めていける日に行こう。
きっと神様も落ち着いている時期のほうが、本領発揮をしてくれるはず(勝手な妄想)

ときは、昼御飯でも夜御飯でもない時間帯。
お茶をしようと懐かしい吉祥寺の街を歩く。
辿り着いた懐かしい建物。
営業時代に仲間とよくお茶をしたSouth Cafeは、今は、もう別の店になっていた。

ヌードル・チャフェ・バー (NOODLE chafe&Bar)。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13021114/

でも店の雰囲気はそのまま。
あぁ、懐かしい。
店名に謳うだけあってさすがに麺が美味しかったー♪

お店のオーナーの神経質さが窺える完璧な拍手モノの接客。
夜も使える感じなので、また行きたいワ。

ヌードル・チャフェ・バー - 料理写真:
posted by: オーナー: Akico | Cold Noodle | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |